バブリング専門メーカー

バブリング

バブリングとは

バブリングとは液体中に気体を送気することにより気泡を発生させることである。その気泡の大小により液体やプロセスに効果が生まれる。『曝気』、『エアーレーション』、『ブクブク』とも呼ばれる。

気泡径別

バブリングノズルを発生可能な気泡径別にラインナップ

目的別

バブリングノズルをバブリングの目的別にラインナップ

特徴

焼結金属(多孔質金属)を使用したバブリングノズルを製作しています。気体を流すだけ(設備不要)で様々な気泡径が発生できる『バブリングノズル』を念頭に掲げております

使用環境

<使用可能な気体>

当社で製作するバブリングノズルは基本的に金属製であることからあらゆる気体が使用可能です
AIR (エアーレーション)
N2 (窒素バブリング)
Ar (アルゴンバブリング)
H2 (水素バブリング)
O2 (酸素バブリング)
CO2 (炭酸バブリング)
… ※SUSに耐性のある気体

<使用可能な液体>

当社で製作するバブリングノズルは基本的に金属製であることからあらゆる液体が使用可能です
水道水
切削液
各種溶剤 ※SUSに耐性のある液体

用途

バブリングには主に撹拌、加湿、溶解の3種類の用途がございます。用途に合わせたバブリング(気泡径制御)を行う必要がございます。

撹拌

バブリングによる気泡の上昇気流により液体が撹拌される。気泡が大きいほど上昇速度が増し、撹拌効率が向上する一方、気泡が破裂した衝撃も大きくなるので注意が必要

溶解

バブリングの気泡を微小化することにより液体中に送気された気体の溶解効率が向上する

加湿

バブリングの気泡を微小化することにより気泡の破裂速度が上昇し、加湿効率が向上する